スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日は何の日ネタ:8月16日、今日は何の日?後醍醐天皇の崩御。南北朝時代。1339年 

最新youtube情報はこちらもお勧め。
ゾゾタウンについてのメモ。( 芸能\アナウンサーの報道ニュースとyoutube)

松尾翠を調べてみる。戸部洋子アナのブログ「ちゅらちゅら日記」がスタート!( youtube(ユーチューブ)面白動画情報館)

ローン返済 rootkit困ったら、助けてくれるソ\ニーのUSBメモリに「rootkit的」技術( 消費者金融とクレジット)




万田兄弟PRESENTS 関口さん1 その参
【PJ 2007年08月16日】- 日本の歴史の中で、天皇家が二つに分かれ対立した時代があったことを、歴史の教科書ではあまり詳しく教えようとはしていない。鎌倉幕府の滅亡から、室町幕府の初めの時代である。

 扶桑社の「新しい歴史教科書」では、南北朝の争乱という節に『1336(建武3)年、足利尊氏は京都に新しい天皇を立て、建武式目を定めた。これは幕府を京都に開くなど、武家政治再興の方針を明らかにしたものだった。いっぽう、後醍醐天皇は吉野(奈良県)にのがれ、ここに二つの朝廷が並び立つ状態が生まれた。
最新今日は何の日情報は・・・ 日めくりCD「ギャラクシーエンジェル」Vol.1 【0827秋先5】

吉野に置かれた朝廷を南朝、京都の朝廷を北朝といい、この両朝はそれぞれ各地の武士に呼びかけて、約60年間も全国にわたる争いを続けた。この時代を南北朝時代という』と記している。

 南北朝は、1392(元中9・北朝元号では明徳3)年、第3代将軍足利義満の主導と大内義弘の仲介によって、北朝の後小松天皇へ南朝の後亀山天皇からの三種の神器の譲渡による合体で終わるのである。つまり、現在の天皇家は、北朝の流れになるのだ。

 1911(明治44)年、国定教科書が両朝を同列に記述していることを巡っての問題が起こった。明治の教科書問題で、通称「南北朝正閏論」と呼ばれる問題である...ニュースの続きを読む
(引用 livedoorニュース)



今日見つけたyoutube動画

(@@?

bauzuclub1928
2006.kyoto...1928 bauzu 浜本 つる 今日 タロとジロ 結婚記念 告白





ちょっと 今日は何の日をしらべてみました
今日は何の日でしょう(*^^*)
今日は何の日でしょう(*^^*)

「今日は何の日?」の 球界バージョンはありませんか..
「今日は何の日?」の球界バージョンはありませんか?例)1959年4月26日は王貞治(現ソフトバンク監督)がプロ入り初ホームランを放ったなどなど、そういうプロ野球界の歴史が詳しく(日付ごとに)書かれたページ、もしくは本・雑誌はありませんか?

1年365日それぞれの日付に関する研究をしている人って..
1年365日それぞれの日付に関する研究をしている人っていないでしょうか?「◎月×日には事故が起こりやすい」とか、「◇月▽日にはたくさん子供が生まれる」とか、それぞれの日付にまつわる話を知っている人を教えてください。いわゆる「今日は何の日」的なサイト、および林家ペーさんの情報はお断りします。




タグ:
スポンサーサイト
[ 2007/08/29 10:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://affiliate0002.blog99.fc2.com/tb.php/396-1e8f2de4








アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。